躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気

男性

躁とうつの両方の精神疾患

女性

処方箋を守る

精神科の疾患のひとつに、躁鬱病があります。この疾患の治療においては、注意すべき点があるので留意しておくとよいでしょう。注意すべき点は、治療薬の服用ルールをちゃんと守ることです。通常、精神科や心療内科の病院あるいはクリニックで処方される薬剤は、服用する量とタイミングが明確に規定されています。しかし、躁鬱病の場合は、気分が高揚する躁状態と、気分が低迷するうつ状態が交互に現れます。そのため、一部の患者さんは、うつ状態のときは治療薬を服用するのですが、気分の良い躁状態のときは治療薬を飲むのを忘れがちになります。躁鬱病の治療は、躁状態とうつ状態の両方の症状を同時に治療していくものです。そのため、うつ状態のときだけを改善したとしても、全体としての精神疾患は治療したことにはなりません。また、医師が処方する処方せんは、躁状態とうつ状態の両方をバランスよく治すものです。それを患者さんの独自の判断で、処方せんのルールを変更することは望ましいことではありません。躁鬱病の治療においては、自分の気分次第で処方せんルールを勝手に変えるのではなく、あくまで医師から出された治療計画に則って進めていくことが不可欠です。

躁病とうつ病の同時治療

躁鬱病の特徴は、躁状態とうつ状態が交互に繰り返し現れることです。この二つの状態が入れ替わるタイミングは、それぞれの患者さんの個人差が大きく影響します。例えば、二つの状態がほぼ規則正しいタイミングで切り替わる定期型もあれば、不規則なタイミングで切り替わる症状の患者さんもいます。また、躁状態が比較的長く続くのに対し、うつ状態はそれよりも短い時間だけ発症するというタイプの躁鬱病もあります。実に様々な特徴が存在します。精神疾患には、躁病とうつ病のそれぞれが別個にありますが、躁鬱病は、全く異なる症状が一人の患者さんの中に入れ替わり発症するという特殊な特徴をもっています。そのため、躁鬱病の治療においても特徴があります。それは、片方だけを直してももう片方の精神疾患は残ったままになる場合があることです。つまり、片方だけを先行して直すという治療計画は多くの場合有効ではありません。躁状態とうつ状態、この二つの疾患をバランスよく治療していく必要があるのが特徴です。そのため、躁病とうつ病にそれぞれに効果のある別々の治療薬が処方されることになります。つまり、治療薬としては別々であっても、それらを組み合わせて服用することが躁鬱病の治療なのです。

Copyright© 2016 躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気 All Rights Reserved.