躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気

男性

躁状態と鬱状態の繰り返し

手を広げるメンズ

症状の変化に注意

躁鬱病とは、躁状態と鬱状態を繰り返す症状です。鬱状態のときは鬱病に似た症状で人によってはかなり状態が悪い場合もありますが、躁状態になるとそれが嘘だったかのような状態になります。こういう精神状態を繰り返していくので、周りも戸惑いますが、本人が一番辛い状態に追い込まれてしまいます。この躁鬱病の原因ははっきりとは分かっておらず、強いストレスや遺伝などが考えられています。そして、躁鬱病は鬱病とよく間違われやすいのですが、しばらく経つと気分も良くなることから見逃しやすい病気でもあります。しかし、躁鬱病は鬱病と比べても鬱状態の症状がひどくあらわれやすいです。このため、専門の病院で治療をしていかなくてはいけませんが、本人自体が症状に気付いていない場合も珍しくありません。激しく落ち込んだり、ハイテンションな状態を繰り返すような場合は、躁鬱病を疑ったほうがいいのかもしれません。また、多くの人が勘違いしてしまうのが、鬱状態から躁状態になったときに治ったと思ってしまうことです。これは周りにもそう思われてしまうので、しばらく様子を見ていくのが一番です。1〜2回は繰り返すようなことがあっても、それをずっと繰り返しているようであれば、早めに病院へ受診する必要があります。

正しい対処法

躁鬱病の疑いがある場合は、病院で診察をしてもらい、それから適切な治療を受けていくことになります。この治療ではまず投薬が行われ、気分を落ち着かせていく効果や、鬱状態を軽くさせる効果などが期待されます。とりあえず、早く症状を落ち着かせていくことが大切なので、薬を服用することは必須です。治療の段階では、始めはしばらく服用を続けなければいけませんが、症状が良くなる頃を見計らって徐々に薬を減らしていきます。これは自分で判断するのではなく、医師の指示で薬が減らされます。次に、精神療法も重ねて行われていきます。認知行動療法で日頃の行いを見直していき、対人関係の訓練も行われることがあります。躁鬱病の人は状態の激しい変化から、人間関係のトラブルを起こすこともよくあるからです。心理的な面では、症状を具体的に聞きだし、いろいろな対策を医師やカウンセラーなどと一緒に考えていくようにします。このような治療方法で、様子を見ていくことになります。人によっては長い時間がかかる場合も考えられますが、途中で治療を止めては危険性も高いです。再発しやすい病気でもあるので、治療を上手に続けていかなければいけません。躁鬱病は、正しい対処をすれば症状も次第に落ち着いてくるようになります。家族の協力を得ることも大切なことなので、1人で抱え込まないことです。

Copyright© 2016 躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気 All Rights Reserved.