躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気

男性

安定した心の健康を守る

座る女の人

バランスを取ること

躁鬱とは、落ち込んで憂鬱や不安、悲しみなどネガティブな感情ばかりが出てくる鬱の症状と、活発になり仕事も捗るようになる躁の状態が交互に出る精神疾患のことです。一般的に鬱の症状が出る期間が長く、躁の症状が出る期間は短いと言われています。鬱の時は、患者本人はひどく落ち込んでいることが多いですが、比較的おとなしいため家族など周囲の人への影響もあまりないと言われています。しかし、躁の時は急におしゃべりになったり金遣いが荒くなったり行動が派手になるので周囲への影響も大きく患者本人は絶好調であると感じていますが、実際は空元気のような感じで周囲が困ってしまうことも多いと考えられています。躁鬱は、このように患者本人が辛いと感じる症状と調子が良いと感じる症状が交互に出るのが特徴です。治療には、他の精神疾患同様に薬物療法や認知行動療法などが用いられます。発症の原因には、脳内の神経伝達物質の働きが低下していることが考えられます。要因には、遺伝や環境、体質、ストレスなどあらゆるものが関係しています。躁鬱は、性格の問題やただ怠けているだけと勘違いされることがありますが、脳内の障害によるものであるため医療機関での適切な治療が必須です。

誤診に気を付ける

躁鬱は、鬱病との違いが分かりづらいためしばしば誤診されやすい症状です。鬱病は躁の症状が一切なく、ネガティブな思考が一定して続いていくことで心や体に支障が出ますが、躁鬱の場合は鬱の時もあれば活発になる躁の時期もあります。躁の時期は、患者本人は鬱が治った状態であると考えているため、そのことを医師に説明せずに鬱の時の症状だけを伝える傾向にあります。そのため、鬱病と躁鬱の診断がつきにくくほとんどの場合は鬱病であると診断されます。しかし、鬱病と躁鬱は別の疾患であるため、治療法もそれぞれ違ってきます。心も体も早く回復するようにするためには、誤診を防いで正しく診断してもらい適切な治療が受けられるようにすることが大切です。そのためには、家族の協力も必要です。躁鬱の場合は患者本人からの相談だけでは、鬱病との区別がつきにくいので、家族から客観的に見た情報も有力となり診断につながります。躁鬱の症状が感じられる場合は、患者だけでなく家族も一緒に受診をして情報を提供することが大切です。本人は鬱病だと思い込んでいても、家族の話を聞いたら躁鬱であったということもあると言われています。受診の前に家族から情報を得ておくことも大切です。

Copyright© 2016 躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気 All Rights Reserved.