躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気

アナタは大丈夫?気軽にできるセルフチェック

躁状態と鬱状態の繰り返し

手を広げるメンズ

躁鬱病は、鬱病と似たような症状がありますが、躁状態を起こしてしまうことが大きな違いです。しかも、激しい変化を繰り返していくので、この場合は早めに病院で治療をしていかなければいけません。自己判断するのではなく、少しでも疑いがある場合は正しく診てもらい、治療を始めることが大切です。

詳しく見る

安定した心の健康を守る

座る女の人

躁鬱は、鬱の症状と躁の症状を交互に繰り返していく精神疾患のことを言います。鬱病との区別がつきにくく、誤診も多いため正しい診断をしてもらうためにも家族からの情報なども合わせながら医師に症状を伝える必要があります。

詳しく見る

双極性感情障害とは

メンズ

受診時に気をつけること

現在では双極性感情障害と言う新しい病名がついている躁鬱病は、主に『双極I型障害』と『双極II型障害』に分けられます。I型とは躁状態が重症なものです。この場合患者が躁状態の時に、病気である自覚がなかなかできません。本人はハイになり、ものすごく調子がいいと勘違いしているのです。しかし実際は、仕事でトラブルを起こすなど、深刻な問題行動を起こしてしまいます。このためI型は、他人を巻き込み、深刻な事態になることが少なくありません。II型場合は、躁状態が軽度の軽躁状態と、鬱状態を繰り返します。軽躁状態は、本人も周りも絶好調と勘違いしやすく、躁鬱病と判明するのに時間がかかります。また躁鬱病は鬱病に比べ、治療が長期化する傾向があります。しかし薬物療法と精神療法、2つを並行して行うことで、完治が見込める病気でもあります。うつ症状は本人も気づきやすいですが、躁状態はなかなか自分では気づきません。そこで受診時は、家族など身近な人と一緒に受診すると良いでしょう。また躁状態で思い当たることがないか、メモを取っておくとより安心です。本人の適切な状態をきちんと医師に伝え、正しい診断を早く受けることが、早期回復につながります。

鬱病との違い

躁鬱病は、鬱病と全く違う病気です。鬱病は気分が落ち込み、何も手につかなくなる状態のみが続きます。したがって治療も、うつ状態を改善することに力を注ぐのです。投薬治療も、抗鬱剤を中心に処方されます。しかし躁鬱病は、鬱病と同じ鬱状態と、本人は調子がよいと感じる躁状態を繰り返します。したがって治療目的が、躁状態と鬱状態の波をどうやって小さくしていくか、という点になるのです。このため薬は、安定剤や抗精神薬を中心に処方されます。つまり薬だけとっても、全く違う治療を必要とする病気なのです。 医師に正しく状態を伝えられず、間違った診断受けてしまった場合、この薬がより症状を悪化させることがあります。躁鬱病なのに鬱病と診断された場合、次のことが心配されます。鬱病だから抗鬱剤を処方されると、鬱状態から急に躁状態に変わる躁転が起こります。これにより、躁鬱病の急速交代型に変わってしまうことがあるのです。よって早期回復には、医師にきちんと今の自分の状態を把握してもらうことが第一です。そこで受診の前に、家族に精神疾患等の病歴があるか、躁状態に思い当たることがあるか以前に鬱状態になったことがあるか抗鬱剤を飲んだときに、その後気分がハイになるようなことがあったかなどの詳しい状況をメモしておくと良いでしょう。それらを受診時に医師にきちんと伝え、正しい診断を受けることが、早期回復につながります。

躁とうつの両方の精神疾患

女性

躁鬱病の治療においては、医師から出された処方せんのルールを守るように注意しましょう。自分の気分次第で薬の服用タイミングを変更することはよくありません。躁鬱病は、躁状態とうつ状態という全く性質の異なる疾患が交互に現れるという特徴があります。

詳しく見る

性格が入れ替わる病気

男の人

患者が自殺願望を抱きやすいという難点を持つのが、躁鬱です。精神状態がハイの時に気ままに振る舞ってしまい、気持ちが落ち着いた際の精神状態との落差が激しいため、自分を追い込んでしまうのです。この傾向を自分で理解しつつ、医師との相談による服薬、信頼できる人間関係の構築などを行ない、治療に専念しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2016 躁鬱は鬱状態を躁状態を繰り返す病|自覚がない病気 All Rights Reserved.